漢方情報

病気対策と中医学の考え

「邪正相争」(じゃせいそうそう)という考え…

いろいろな病気がある中で中医学では病気の原因を「邪気」(じゃき)と考え、治す力を「正気」(しょうき)と考えております。このことから、邪気と正気が戦っている状態を「邪正相争」と表現します。

その方法としては、邪気に対しては祛邪法(きょじゃほう)といい、悪いものを除く方法を指します。また、正気に関しては扶正法(ふせいほう)といい、治癒力をつけていく方法を指しております。

中医学では病気を治していくために、祛邪法と扶正法の双方が大切と考え「扶正祛邪」(ふせいきょじゃ)という方法をベースにして身体の状態を判断していきます。

祛邪法

例えば、カゼの場合は現代医学ではウイルスという邪気を抗生物質や解熱鎮痛剤を用いて治していくわけです。

また、「邪気」がおそろしい状態になったものを「邪毒」(じゃどく)といい、ガンなどがその例です。西洋医学だは手術、抗がん剤、放射線治療が主流となります。また、民間療法では自然放射線を含むラジウム温泉の湯治で知られております。ちなみに中国では以前、猛毒のヒ素を使ったりもしていたそうです……「毒を持って毒を制す」という考えなのでしょうかね…(・・?

扶正法

私たちの身体に備わっている自然治癒力を高めて「津液」を調和させて、細胞力をつけていく方法です。

」とは「人が一つ叩く」と書きます。また、「」とは「人を良くする」と書きますので、正しい食事をして命のスイッチを入れてあげることが必要ですネ。

それでも、気になる方は元気になるコツを教えますので、お気軽にご相談ください。

+4

-漢方情報

© 2021 城東中央薬店