漢方情報

子供の夜尿症と中医学の考え方

最近、多い相談…

コロナ禍でストレスを感じている方も多いはず…それは子供にも言えることです。

そんな中、最近、ストレスによる子供の夜尿症の相談が多くなっている気がします。

そこで今回は、「子供の夜尿症」について中医学の考え方をお話したいと思います。

追伸:成人や高齢者の夜尿症とは原因が異なります。

西洋医学の考え方…

西洋医学では夜尿症の原因を判断して対処します。また、多くは原因が複数みられることが一般的です。

その原因は以下の通り…

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

①抗利尿ホルモンの夜間分泌不足

②不安定膀胱

③睡眠障害

④心理的ストレス

⑤膀胱や腎臓の器質的な異常など

中医学の考え方…

中医学では「おねしょ」のことを「遺尿」(いにょう)と言い、その人の体質を診ながら判断しますがキーワードはシーツに黄色いおしっこの地図があるか、透明で地図がないか…と大きく二つのタイプに分けて判断します。

判断① シーツに黄色い地図があるタイプ

腎陰虚遺尿タイプ(熱感あり)

腎陰虚遺尿タイプ(熱感なし)

脾気虚遺尿タイプ

脾虚肝乗遺尿タイプ

判断② シーツが透明で地図がないタイプ

脾陽虚遺尿タイプ

子供の夜尿症は「子供の性格の問題」や「保護者の育て方の問題」は関係ありません…人それぞれの原因から対処していくことが大切と考えます。

それでも心配な方はお気軽にご相談ください。

 

+2

-漢方情報

© 2021 城東中央薬店