健康情報

認知機能低下に伴う中医学の考え

高齢者の交通事故が社会問題

昨今、高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違えや逆走などが問題になっております

そこで、今回は認知機能低下に対する中医学の考えを解説したいと思います。

但し、糖尿病薬や高血圧薬、精神安定剤などを服用されている方は医療機関へ、クスリの相互作用についてご確認を…

認知機能低下に伴う中医学の考え

様々な原因の中から臓腑の関係と三つのタイプを解説…

下図参照↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイプ①疏泄不及(そせつふきゅう)

必要なエネルギーが脳内に足りない状態です

タイプ②疏泄太過(そせつたか)

不要なエネルギーが脳内に過剰な状態です…この変なエネルギーが異常行動を起こしたりします

タイプ③気滞血於(きたいけつお)

ストレスなどが影響して脳内の血流が悪くなった状態です

何分、相手に対する「おもいやり」が大切です…それでも身体の変調を感じる方はお気軽にご相談ください。

最後は「おもいやり算」の標語↓↓↓↓↓

+4

-健康情報

© 2021 城東中央薬店