健康情報

中医学の内臓論 脾臓編

昔から「腹が減っては戦が出来ぬ」と言います。

現在に例えると、食事をしっかり摂らないといい仕事ができません…とも解釈できます。でも、どんなに栄養のある食事をとっても、どんなによいおクスリをのんでも、胃腸が弱ければ無駄になるばかり…中医学では飲食物に含まれる栄養素を消化吸収し、血や肉をつくり、生命を養う内臓の働きを「」の作用として考えております。

そこで、連載3回目は「脾」のお話です。

 

現代医学の脾臓の解説

脾臓は、お腹の左上、肋骨のすぐ下に位置しており、大きさは握りこぶしほど…近年、重要な働きをする臓器として再認識されるようになりました。その働きは… ①古くなった赤血球を破壊 ②血小板の約3分の1を貯蔵 ③リンパ球の約4分の1が集まっていて体内最大のリンパ器官と言えます。

中医学における脾・胃の役割

中医学では脾は胃と一体と考えます。その脾胃の働きでは、胃は飲食物を受け止め、初期の消化を行い、小腸へ内容物を下げていきます。小腸では更に消化を進め、体にとって有用な栄養素と不要なカスの部分とに分別します。栄養素は血液となって全身を養い筋肉をつくる…このような生命を維持する作用から「脾は後天の本」と呼ばれていて、その作用は以下の通りです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

①脾は運化(うんか)を主る

運輸の運と化生の化の合成語。運輸は栄養物などを必要なところに運ぶという意味で、化生は取り入れた物質を体内で変化させる作用のことです。

②脾は統血する

消化器系は血液の原料を獲得し、さらに血管内の運行も調節するということです。アザができやすいとか出血が止まりにくいなどがその例です。

③脾は一身の肌肉(きにく)を主る

消化器系は全身の肉を支配しているという意味。脾の弱い人は筋肉の発達が悪く筋肉の力も弱い傾向にあります。

④脾は四肢(しし)を主る

脾が弱くなると手足の力がなくなり、だるいなどの症状が現れてきます。

⑤脾の花は唇にある

⑥脾は口に開窮(かいきゅう)する

消化器系の状態は口によく現れます。

⑦脾は眼胞を主る

まぶたのことです。脾が弱るとまぶたがむくんだり、上まぶたが垂れ下がったりします。尚、腎や心の障害でも起こることがあります。

⑧脾の志は思

クヨクヨと思い悩むと脾を傷つけます。

⑨脾は湿を嫌う

脾という内臓は水分の過剰を嫌うとされます。

⑩胃は燥を嫌う

脾と表裏一体となって作用する胃は脾と反対に乾燥を嫌うといわれます。

⑪脾は土に属す

五行説から消化器系の作用は栄養の生産であることを示す言葉。

⑫黄色は脾に属す

胃腸の弱い人は肌色が黄色っぽくなることがあります。

⑬甘味は脾に入る

淡い甘味は胃腸を助けます。しかし、濃い甘味は働きを悪くしますので、ご注意を…

⑭涎(よだれ)は脾の液

よだれは食物の消化を助ける液。

胃腸のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

追伸:近年、自己免疫疾患の潰瘍性大腸炎やクローン病の方が増加傾向にあります。

 

+5

-健康情報

© 2021 城東中央薬店