健康情報

中医学の内臓論 肝臓編

日本漢方と中医学を比べてみて、大きく異なる点として、中医学では「五臓六腑」に代表される内臓論を重視している点にあります。そこで、今回は五臓の肝・心・脾・肺・腎について連載していきたいと思います。(初回は肝臓)

 

現代医学の肝臓の解説

肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器で約1.2㌔~1.5㌔ほどの重さがあります。肝細胞の集合体で、その数は実に2500億以上と言われています。その肝臓の働きは… ①エネルギーの貯蔵 ②血液の貯蔵 ③解毒 ④胆汁の分泌 ⑤物質の合成などがあります。

中医学における肝の役割

肝の働きでは、全身への気の運行、精神・情緒の安定、血の貯蔵、筋・目の機能維持などがあり、現代医学とも若干、類似する点もありますが、その作用や性質は以下の通りと考えております。

↓↓↓↓↓↓↓↓

①肝は血を蔵す

常に多量の血液が貯蔵されており、栄養を運び、老廃物を回収・処理して、きれいな血液の状態にしています。

②疏泄(そせつ)を主る

新陳代謝や解毒のことで、あらゆる生理機能を規則正しく進めるという意味です。

③肝は筋腱を支配し爪に反映す

肝に貯えられた血液の作用で筋肉を養い、爪もその一部と考えております。

④肝は目に開窮(かいきゅう)す

目は最も鋭敏な感覚器官であるため、肝から栄養を供給されていると考えております。

⑤肝は謀慮(ぼうりょ)を主る

じっくり考えること。肝がしっかりしていると思考が集中できるとされます。

⑥肝は条達(じょうたつ)を喜ぶ

抑圧のない状態を好み、制約を嫌うとされます。

⑦肝は風(ふう)を主る

内風といい、引きつけやけいれんのことです。どちらも肝が関係していることが多いと考えられています。

⑧涙は肝の液

人体には五液という五つの分泌液があります。涙は肝の液と言われています。

⑨青色は肝に属す

顔の色が青い、白目が青い、血管が青く目立つなどは肝の異常と関係していることがあります。

⑩酸味は肝に入る

五味から酸は肝に作用します。但し、微量だと助け、過量だと障害になるため、適量を…

⑪からだの両側は肝に属す

下腹部の左右外側、脇腹の左右、乳房の左右外側などは肝に属し影響を受けます。

肝の病理

肝気鬱結 気滞血於 肝脾不和 肝気犯胃 肝陽化風 肝風内動 肝血虚 肝腎陰虚 寒滞肝脈などが主なものです。

肝臓のことで気になる方は、お気軽にご相談ください。

+3

-健康情報

© 2021 城東中央薬店